闇金で借りるとどうなるか~闇金のリアル

借入を急いでいる人なら「闇金なら審査なしで即日審査の即日融資で借りれるんじゃないか?」と考える人も居るでしょう。
実際に闇金なら審査もほぼありませんし、即日で借りるとこもできると思います。

しかしちょっと待ってください!
本当に闇金で借りて後悔しないで済むと思いますか?

闇金とは

闇金に明確な定義はありませんが、利息制限法や出資法の上限金利を守らずに営業している金融業者を総称して使われる名称です。
それ以外にも国や都道府県に登録せず、無許可で営業しています。

自己破産や債務整理をした人やまともな業者からは借り入れが不可能な多重債務者などが主な顧客です。
ダイレクトメールや雑誌の広告などで、低利で、無担保で、誰にでも融資するという嘘の宣伝で客集めをしています。

最近では闇金からの派生で「090金融」や「ソフト闇金」等も登場しています。
今では締め付けや摘発が厳しくなり、数を大幅に減らしましたが、被害は後を絶ちません。

闇金の特徴

  • 貸金業者として無登録
  • 無職や未成年でも借りれる
  • 初回は3万円まで
  • 利息は天引き
  • 短期貸し付けで高金利
  • 厳しい取り立て

などがあります。
低金利をうたっていたり、大手企業に成りすましていても嘘ですので気をつけましょう。
電話番号が固定電話でなく、携帯電話の番号になっている場合は100%闇金ですので注意してください。

闇金で借りると

闇金で借りるときは良くて3万円までの限度額です。ここから初回の金利20%の6000円と手数料3000円が引かれて手元には2万1000円しか残りません。
これで1週間後には3万円を返済するか利息の6000円を入れてジャンプすることになります。
まっとうな業者に比べたら利息も高いし、支払いサイクルも忙しいですよね。

また、返済が少しでも遅れると電話がジャンジャンかかってきます。
借りるときには職場や親兄弟の連絡先も聞かれますので、返済が滞るとそちらにも電話がいくようになります。

完済させてもらえない

闇金は利用者から骨の髄まで搾り取るのが目的ですから、お金に余裕があるときに完済してしまおうとしてもなんだかんだで理由を付けて受け取らないこともあります。
長く利息だけを払い続けてくれる人が一番のお客さんだからです。
酷いところになると返済日には電話に出ないで、翌日になると向こうから電話がかかってきて延滞料金をがっぽりとるようなところもあります。

闇金の見分け方

闇金の宣伝ではありえないような好条件や、絶対誰でも借りれるといったうたい文句が並びます

  • 多重債務者一本化OK!
  • 今週中は特別金利3.0%!
  • 必ず融資します!
  • 他社で断られた方歓迎!
  • 実質年率2.0%で融資!
  • 審査なしで貸します!
  • ブラックリストの方OK!
  • 融資実績99.7%!

しかしこれらが実現することはありません。
闇金はカモからどうやって搾り取ろうかと待ち構えているのです。

紹介

最近の闇金は客の紹介システムを作っているようです。
新規客を紹介したお客は金利や返済サイクルで優遇されます。
闇金としても広告を打たずに新規客をゲットできるうえに知人や友達も利用しているのでバックレ等の危険も減るので一石二鳥です。
闇金によっては利用客をグループでまとめて延滞などを連帯責任として負わせているところもあります。

まとめ

闇金で借りたことによって当座はしのげるかもしれませんが、金利はべらぼうに高いです。
日本では毎年3万人以上の自殺者が居ますが、その中に多重債務者の割合はかなり多いと言われています。

闇金で幸せになった人はいないと言ってもいいでしょう。
借りたり、かかわったりはしないのが鉄則ですが、気付かずに借りてしまった場合は弁護士か司法書士に相談のうえで警察に届けるか判断しましょう。