専業主婦のキャッシング審査

配偶者の同意を得ることで利用可能

2010年6月の貸金業法の改正により、収入のない専業主婦は、配偶者の収入証明書(源泉徴収票、課税証明書、給与明細など)の提出が無いと、クレジットカード会社、消費者金融などからキャッシングが出来なくなりました。

これは、借入可能金額を年収の3分の1に規制していこうという「総量規制」によるもので、収入の無い主婦、学生、老人などに対しての貸し過ぎ、借りすぎから守るものです。
(これにより借りなくなった専業主婦が、闇金に流れるのでは?という指摘もありましたが・・。)

その為、配偶者の同意が得られない専業主婦に貸し出しをする銀行、消費者金融、クレジットカード会社は、現在は1社もありませんので、近時においては、この総量規制の影響を受けない、専業主婦でも利用可能な銀行系のカードローンが増えております。

おすすめは楽天銀行のカードローン

一番専業主婦にお勧め出来る商品は楽天銀行のカードローンです。利用限度額は50万円、金利は14.5%です。これは利用の残高に応じて、楽天市場で利用できる楽天スーパーポイントが付与されます。返済についても全国のセブン銀行、イオン銀行、イーネット、三井住友銀行、みずほ銀行から返済することが出来ます。
2016年1月現在、入会で1000ポイント付与されるキャンペーンも行っており、楽天市場でお買い物を良くする人には是非検討してもらいたいものです。

その他にみずほ銀行、じぶん銀行、静岡銀行、横浜銀行なども専業主婦を対象としたローンを出しておりますが、24時間営業しているコンビニエンスストアにあるATMで、柔軟に返済が出来るという点で、店舗を持たないインターネット銀行が出しているカードローンを一番お勧めします。

このインターネット銀行は、都市銀行、大手銀行との差別化を図るために現在このカードローンに注力しており、今後も各社利便性を高めていくと予想されます