家族にばれずにキャッシングするには

家族にばれずにお金を借りたいと思う人はたくさんいます。
お金のことで家庭がぎくしゃくするのはつらいことですからね。

バレてしまう原因

どうしても内緒にしておきたい借金でも、ばれてしまうことはあります。
その中でも多い原因をまとめました。

督促のハガキ

キャッシングがバレてしまう原因で1番多いのは督促のハガキです。によるものです。
本人宛に親展郵便で届きますので、パッと見ただけではキャッシング会社からのものとはわかりませんが、なんだろうと思って、中を見てしまえば当然キャッシングの事実が分かってしまいます。
いくら親展で送っても、同居の親や家族が開封してしまえばおしまいです。

ローンカード

消費者金融のカードなどを見られてしまえばこれまたバレバレです。
最近の銀行カードローンではみずほ銀行や三井住友銀行のようにキャッシュカード兼用型のものもありますし、消費者金融でもプロミスのようにカードなしのカードローンも出てきていますので、それらを利用すればカードが見つかる心配はありません。※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます

ローンカードや契約書類

ローンカードや契約書類が自宅に届くものなのかどうなのかはちゃんとチェックしておく必要があります。
郵送の場合はアイフルのように時間帯指定ができるものもありますが、どうしても日時や時間までなかなか読めませんので、できるだけ店舗または無人契約機でのカード受取をおすすめします。
そうすれば自宅には一切郵便物は届きません。

クレジットカードでのキャッシング

誰でもすぐに思いつくのはクレジットカードを使ったキャッシングです。
手っ取り早いのは間違いないですが、やめておいた方がいいでしょう。

それはクレジットカードのキャッシングを利用するとハガキが届くからです。
これは法律で決まっていることで、かならずハガキもしくは封筒でキャッシングしましたよという内容が送られてきます。

在籍確認

在籍確認の電話は勤務先にありますのでほとんどの人は関係ありませんが、勤務先が自宅の場合や家族が同じ会社で働いている場合は注意が必要です。
アイフルのように在籍確認を書類で代用してくれる会社もありますので有効活用しましょう。

店舗や無人契約機で見られる

消費者金融の店舗や無人契約機に入っていくところを目撃される可能性もゼロではありません。
このリスクが無いように、来店不要で申し込みから振り込みまでネットや電話で完結するカードローンを選びましょう。
24時間365日スマホ・PCから振り込みキャッシングが可能な提携している銀行口座もあります。
アコム=楽天銀行
プロミス=三井住友銀行orジャパンネット銀行
楽天銀行スーパーローン=楽天銀行