住宅ローンや自動車ローンがあっても借りられる理由とは?

カードローンを契約するときには必ず審査がありますね。審査では、収入証明書を提出したり勤務地を報告したりしつつ、CICやJICCといった信用情報機関でクレジット取引の履歴を照会されます。

そこで延滞が見つかったり、他社での借入れが多額であることが見つかれば審査に通るのは難しくなります。

また、家賃や扶養家族の存在も確認されることが多く、これにより収入のうちどれくらいが固定費として出費されるのか目安にされるのです。他者でローンを重ねていると審査に通らないとすれば、車や家のローンはどう判断されるのでしょうか。

車や家を現金で購入するケースは稀

ローンを組むことはそれだけで信用情報の観点でリスクがあります。それでも車や家のローンが原因でカードローンの審査に落ちるという話は滅多にありません。

これは総合的に判断するということの一つで、何百万、何千万という一生に数度しかない買い物をする場合に一般の人はローンで購入することが通常だという点を考慮しています。

無茶な買い物とは判断されませんし、収入レベルと相応であれば、毎月の返済額を差し引く材料にしかなりません。

住宅ローンを組んでいることは勲章

家のローンがカードローン審査の足枷にならない理由はもう一つあります。あなたは住宅ローンの審査を受けられたことはあるでしょうか。

よくよく考えると、銀行で何千万もの融資を受けるわけですから、消費者金融の即日融資とは比べ物にならない審査を通過した上で勝ち取った融資なのです。

身分も明らかにして勤務先もちゃんとしていて、契約時には家族など保証人も立てて家に担保を付けます。

数々の書類審査を経て、この人にならこの金額を融資できると銀行が判断したので、実はそれだけで信用情報が認められたということに繋がっています。

自動車ローンや住宅ローンも延滞は事故情報に

住宅ローンの存在自体が信用情報に傷をつけることはありませんが、その住宅ローンを延滞してしまったときは、他の消費者金融のローンなどと同じように、信用情報機関に事故情報が載ることを忘れてはいけません。

大抵は住宅ローンは家に担保をつけていますし、自動車ローンは完済まで所有権が自動車会社にあるので払えなくなると返還要求できる契約です。これらに加えて、他の金融機関も事故情報を閲覧することにより新たな借入れ申し込みには審査に通らなくなります。

カードローンを組むときの審査は、その道のプロがノウハウに基づいて行っていますので、自動車ローンや住宅ローンがどんな評価に値するかも熟知しています。

日本人の大半が車や家を持っているわけですから、これらを購入するだけで信用情報に傷がつくことはありませんのでご安心ください。