三井住友銀行カードローン

SMBCグループの三井住友銀行が取り扱うのが、三井住友銀行カードローンで「即日審査可能」「最短30分で回答」というそのスピード性が話題のカードローンとなっています。

カードローンとしてはこの商品ひとつですが、金利が4.5%~14.5%で最大限度額が800万円というスペックの人気カードローンのひとつです。

また申し込み方法も多岐に渡り、中でもACMというローン契約機が三井住友銀行本支店内に設置されており、三井住友銀行内で自動契約が可能です。

三井住友銀行カードローンの特徴

金利が低い

年4.5%~14.5%

スピーディーな融資可能

審査・融資が早いので、急な出費にも対応できます。

自動契約機がある

三井住友銀行本支店内のローン契約機ACMでスムーズな契約が可能です。

収入証明書の提出が必要

借入希望額50万円を超えると収入証明書の提出が必要です。

利用可能ATM

ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、e-net、その他提携金融機関ATM
※ATM利用手数料:無料(その他提携金融機関ATMについては有料)

使い勝手

三菱東京UFJ銀行 バンクイックと同様に、三井住友銀行カードローンは全国にATM、店舗をもっていますので、借入返済を行うときに使い勝手は非常にいいといえます。全国の三井住友銀行ATMで手数料なしで使えるところもポイントが高いです。

カードを受け取るとき、郵送かローン契約機が必要ですので、店舗数の多さはストレスなしで利用できると思われます。

審査通過率について

三井住友銀行もまた、他の銀行カードローンと同様、審査通過率を公表していません。

ただし、銀行カードローンの残高を見てみると、三井住友銀行の2015年末の残高は5,429億円、この数字は三菱東京UFJ銀行の3,114億円、みずほ銀行カードローンの貸付残高は公表されていませんが、他2行よりも積極的でないのでさらに少ないと思われ、三井住友銀行の積極性が見て取れる数字になっています。

金利は他行2行に比べ、すこし劣る三井住友銀行カードローンですが、審査通過率は他行2行よりも高い可能性は十分にありますので、他の銀行カードローンで断られたときに挑戦してみるといいかもしれません。

まとめ

など色々と挙げられますが、三井住友銀行の口座を既に持っていればインターネットバンキングを利用して申し込みから融資までが完結出来る点は魅力のひとつと言えます。様々な点から見ても安心感や知名度共に抜群で優れた商品ではないでしょうか。

申込ガイド・よくある質問

借り入れ方法
  • ATMでの借り入れ
  • SMBCダイレクト(インターネット・モバイル・テレフォン)
  • 自動融資
    返済方法
  • ATMでの返済
  • 振り込みでの返済
  • 口座振替
    ※約定返済期日は、毎月5日、15日、25日、月末より指定できます。

    審査対応時間

    9:00~21:00
    ※申込時間帯により、連絡が翌日以降になる場合があります。

    即日融資条件

    審査完了後、ローン契約機でカードを発行し、ATMを利用することで即日借入が可能です。
    ローン契約機の営業時間:9:00~21:00(土日祝日も営業)

    在籍確認

    三井住友銀行カードローンは、勤務先への電話での在籍確認があります。

    口座開設の有無

    口座開設は不要です。

    ローンカードはキャッシュカードと兼用?

    ローン専用カードとキャッシュカード兼用のどちらかを選択することが出来ます。

    商品詳細

    利用資格 申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下
    原則安定した収入のある方
    SMBCコンシューマファイナンスの保証を受けられる方
    資金使途 原則自由(事業性資金除く)
    限度額 800万円
    金利 年4.5%~14.5%
    返済期日 毎月5日、15日、25日、末日から選択
    返済方法 口座振替、ATM