スーパーホワイトでも借りれるカードローン

消費者金融が借りやすい

「スーパーホワイト」と呼ばれている人を(クレジットなどの利用履歴が無い30歳以上の人のこと)審査するに当たって、ローンカードを発行する会社は、「個人信用情報機関にクレジットカード、キャッシングカードなどの利用履歴も無い。この申し込み者は、申し込みした後もきちんと支払ってくれるだろうか?」と、考えます。

また、「過去に債務整理、自己破産を起こしてしまい、個人信用情報にネガティブ情報が登録され、一定期間(5年間とされています。)が経ったために記録が抹消された人かもしれない。」とも疑います。

そうなると、審査を行うに当たって、この「疑い」の為、審査を不可にするといったことがあります。これが、「スーパーホワイト」がクレジットカード、ローンカードを作りづらい理由です。この「スーパーホワイト」に該当する人が、確実に発行できる会社となると、確実にここだ!!とは言えませんが、一般的には「消費者金融」が発行している「カードローン」であれば、この「スーパーホワイト」でも作れる可能性が高いです。

審査通過率がナンバー1カード

インターネットで、「スーパーホワイト カードローン」と検索すると、「最初の1枚なら審査通過率がナンバー1のマスターカード」ということで、「アコムACマスターカード」が検索されます。

これは、最短で1日以内に審査結果も出ますし、通常のクレジットカード会社とは、別の審査基準を設けているとのことですので、このクレジットカード会社が敬遠しがちな「スーパーホワイト」でも十分に発行される可能性が高いです。(但し、50万円以上を希望する場合は、源泉徴収票、課税証明書、給与明細などの収入証明の提出が必要です。)

※私の知り合いで、過去クレジットカードのリボ払いが嵩み、延滞したことがあるかたがいました。延滞を解消し、1年後位にこのカードを「ダメ元」で申し込みしたら、見事に発行されました。そのような人でも作れるくらいなので、「敷居の低いカード」と言えます。

また、この個人の信用情報機関に、「延滞無く、クレジットなどの利用をした。」という履歴を残す為、ショッピングセンターなどで家電、スマートフォンなどの分割購入を事前に行えば、より確実に作れると思います。