ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

ジャパンネット銀行カードローンのネットキャッシングは日本で初めて作られたネット銀行の先駆け的存在であるジャパンネット銀行が提供する銀行カードローンです。

ジャパンネット銀行は、三井住友銀行とヤフーの持ち分法適用会社になっています。ネットオークション、ショッピングなどの少額の決済業務、証券会社等の口座への入出金ビジネスを得意としています。

そんなジャパンネット銀行の保証会社は、グループ会社のSMBCコンシェーマーファイナンスが行います。

特徴

ジャパンネット銀行カードローンの金利は、
1,000万円2.5%
1,000万円未満3.0%
900万円未満3.5%
800万円未満4.0%
700万円未満5.0%
600万円未満5.5%
500万円未満6.0%
400万円未満6.5%
300万円未満8.0%
250万円未満10.0%
200万円未満12.0%
150万円未満15.0%
100万円未満18.0%
になります。用途の多い300万円未満のゾーンの金利は8.0%と、ソコソコのリーズナブルな金利設定となっている一方、150万円未満の金利設定は貸金業法の法定上限と同じになっているので、そこまでリーズナブルさを感じません。

上に行くほど金利設定が安くなるので、信用状態のいい人は金利を安く、イマイチな人は高く設定して、代わりに審査通過率を上げていると思われます。

申込ガイド・よくある質問

借り入れ方法
  • ATM
    スマホアプリやホームページから借り入れ後に提携ATMでキャッシュカードを使って
    引き出しが可能です。
返済方法
  • 一部返済・全額返済
    スマホアプリやホームページから随時返済が可能です。

  • 自動支払い
    自分で設定した約定返済日に、ジャパンネット銀行の普通預金口座から自動引き落としで返済が可能。
審査対応時間

審査の受付対応時間はホームページなどには明記されていません。
土日は審査の結果のメールも来ませんので審査は行われていません。

スピーディーに借りる条件

条件1.平日の午前中にインターネットで申込み
条件2.必要書類をきちんと用意しておく

在籍確認

ジャパンネット銀行カードローンは、必ず勤務先への電話での在籍確認があります。

口座開設の有無

ジャパンネット銀行カードローンではローン専用カードの発行はなく、キャッシュカードにローン機能が追加される形なので、ジャパンネット銀行の口座開設が必要です。

使い勝手

ネット銀行の先駆け的存在のため、説明も簡潔でホームページもわかりやすく設計されています。

口座がある人は申し込み(300万円超は収入証明を送るが、それ以外は不要)→審査結果→ネットでログインして、自分の口座に振り込みの形になります。

郵送が絡まないので最短60分で借入が出来るでしょう。

口座を持っていない人は申し込み→本人確認書類と契約書送付、審査→カード受け取り、初期設定→借入となりますので、郵送の時間分、数日間時間が取られてしまいます。

借入が出来るような状態になったら、ネット上や提携ATMで引き出せますので不便性は感じません。

審査通過率について

ジャパンネット銀行カードローンの審査通過率は金利設定の仕方を見ればわかるに年収が低い人と、高い人、強弱使い分けていると思われますが、保証会社がSMBCコンシェーマーファイナンス1社ですのでそこまで高くは無いと思われます。

銀行カードローンの中では、ごく普通のレベルと思われます。