キャッシングの審査の内容は?

延滞履歴の有無

まず、審査する上で一番大事であろうことは、直近1年程度で、他社および自社を含めて、延滞履歴があるかどうかです。
私が、勤務していたクレジットカードのA社でのことです。A社は、「教育ローン」、「カーローン」などの目的別ローンも取り扱っていましたが、申し込み時に必ず直近1年間の延滞履歴があるかどうかを営業担当者が自社のシステムを利用し、調べてから審査に連携していました。

これは、例え「うっかりして、キャッシング(ショッピング)利用分の引き落とし分のお金を口座に入れ忘れていた・・。」と言っても、立派な延滞履歴となります。これがあると、いくら年収が高くても審査が通過しないことあった為、一番注意するべきことだと思います。

また、他社の利用状況も審査をするうえで、大事なことです。これは2010年から施行された総量規制(個人の借入総額が、原則年収の3分の1までに制限される仕組み)により、更に厳格化されました。例えば、年収300万円の人は借入限度額が100万円になるので、他社で100万円の借入がある場合は新規申込みをしてもキャッシングの審査通過しません。

個人信用情報で借入残高調査

現在、キャッシング、カードローン、クレジットカード会社が、個人の顧客に対し、新規で貸付けをする場合は、指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査しなくてはいけません。
(実は、ローンなどの申込時に「申し込みをしたということは、貸金業者が指定情報機関に個人の借入額・延滞履歴などに照会をし、調査することに同意したとみなす」などの内容が小さい文字で書かれている「規約」にあります。少し、ずるい感じがしますが・・。)

その為、借入額に「嘘」を書いても必ずばれます。尚、この「総量規制」は、銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関からの借入、自動車ローン、高額医療費の貸付け、不動産を担保とした貸付けなどは対象外とされていますが、私が営業職としてA社に勤務していた際は、この「自動車ローン」を多額に組んでいる人は、キャッシングの審査が通過しずらかったように見えました。
やはり、いくら「総量規制」の対象外とは言え、審査側では、車のローンも「借金」として見ているもようです。

収入とのバランス

借り入れ件数や金額もそうですが、収入とのバランスが取れているかどうか、が最も大事です。
いくら収入があっても借り入れが多ければギリギリですので限度額を多く借りる事はできません。

申し込み時に借り入れ件数が多いとそれだけで不利になります。限度額も少なくなります。
複数社から借り入れている場合は借入残高の少ないところを完済(できれば解約)してから申込むと審査にも通りやすいです。

属性のチェック

キャッシングの審査で重要視される項目には年収、職業、他社利用状況など様々な要素があります。これをまとめて属性と呼んでいます。

  • 年収
  • 金融会社が最重要視しているのは返済能力の有無です。安定した収入があるか。毎月継続して返済できるか。多い方が良い。固定給が有利。

  • 年齢
  • 定年間際だと不利。20代前半、60歳台も若干不利

  • 職業・雇用形態
  • 公務員や大企業の正社員は有利。パート・アルバイト・専業主婦・自営業者などは不利になりがち。

  • 勤続年数
  • 半年未満は不利。1年あれば大丈夫。

  • 居住形態
  • 賃貸よりも持ち家が有利。

  • 居住年数
  • 長い方が有利。※審査に影響する場合とそうでない場合がある

  • 家族構成
  • 親と同居や夫婦で働いている場合などは有利。子供の有無や一人暮らしは微妙。

  • 電話
  • 固定電話はあればプラスの場合も。携帯電話は必須。

  • 健康保険
  • 社会保険が有利。共済組合、組合保険も問題無し。国民健康保険はやや不利。