カードローンを自動車ローンとして利用

自動車ローンは審査が厳しいが金利が低い

「自動車ローン」を申し込みしたが、審査が通らない、保証人を付ければ、自動車ローンに通ると言われたが、保証人がいないなどの状況になったことを前提として記載していきます。というのは、もし、自動車ローンを利用できるのであれば、通常の「カードローン」と比較しても適用される金利も低くなるのが一般的です。

しかし、審査基準は、自動車ローンのほうが厳しいです。実際に私が勤務していたクレジットカード会社A社で、「自動車ローンは審査ダメだったけど、カードーローンの審査は大丈夫だったよ。どいうこと?」と言ってきたお客様がいました。これは、審査基準の厳しさの違いですね。目的を自由にしているカードローンは、審査基準は緩いですが、その代わり適用される金利は高く設定されます。

これは、自動車ローンに限らず、教育ローン、リフォームローンなど○○ローンと名がついていれば、その名前がついている目的でしか資金が使えないことが一般的ですので、目的が限られている代わりに、適用される金利は低くなります。
その為、もし、借りる為の目的がはっきりしている場合は、まずこの「目的ローン」の利用を最初に検討しましょう。

金利の低さを重視しましょう

そして、この数多くある「カードローン」についてですが、もし、自動車ローンとして利用するのであれば、やはり「金利の低さ」を重視したほうがいいでしょう。
また、もし繰り上げ返済も検討しているのであれば、このやりやすさも重視して検討していきましょう。そうなると、消費者金融などのノンバンクよりも銀行系のカードローンのほうが金利も低くなります。

この銀行系の中でも、実店舗を持たない「インターネット銀行」で発行しているカードローンは大手銀行が発行しているものよりも、低金利であることが多く、ユニークな特典などが多いものがたくさんあります。

例えば、「楽天銀行」もこの「カードローン」を扱っています。この商品は、入会するだけで1,000円分の楽天ポイントがもらえます。さらにご利用し、利用残高に応じて最大30,000円分の楽天ポイントが付与されます。また返済についても全国のコンビニエンスストアにあるATMで返済できますので大変使いやすいです。是非、検討したいカードローンです。