即日審査キャッシング

キャッシング・カードローンの申し込むほとんどの人が、今すぐに現金が必要という時に申し込みをすると思います。ですので申し込むキャッシング・カードローンを選ぶ際には
即日審査・即日融資・土日祝審査などに関して知っておく必要があります。

大手のキャッシング・カードローンの大半が即日審査を実施していますが、審査に掛かる時間はそれぞれ異なりますし、すべてが土日祝に審査を実施しているわけではありません。

各キャッシング・カードローンの特徴は「無利息サービス」「低金利」「高限度額」など様々ですので、そういったところで比較をしながら審査時間が短く、融資までの時間が短いものを選ぶことができるように「即日審査キャッシング」で比較検討にお役立てください。

即日審査キャッシング比較

カードローン 審査 融資 土日祝 金利 限度額 無利息 総量規制
みずほ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.0%~7.0%
[エグゼクティブプラン]
年4.0%~14.0%
[コンフォートプラン]
1000万円 なし 対象外
プロミス
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~17.8% 500万円 30日間 対象
バンクイック
最短30分 最短即日 対応 年4.6%~14.6% 500万円 なし 対象外
三井住友銀行
最短30分 最短即日 対応 年4.0%~14.5% 800万円 なし 対象外
モビット
最短即日 最短即日 対応 年3.0%~18.0% 800万円 なし 対象
オリックス銀行
最短即日 カード発行後
最短即日可能
× 年3.0%~17.8% 800万円 なし 対象外
レイク
最短30分 最短即日 対応 年4.5%~18.0% 500万円 30日間
or
180日間
対象外
スルガ銀行
最短即日 最短即日 × 年3.9%~14.9%
[リザーブプラン]
800万円 なし 対象外
アイフル
最短30分 最短即日 年4.5%~18.0% 500万円 なし 対象
静岡銀行
最短30分 最短即日 × 年4.0%~14.5% 500万円 なし 対象外
愛媛銀行
最短即日 最短即日 × 年4.4%~14.6% 800万円 なし 対象外
アコム
最短30分 最短即日 対応 年3.0%~18.0% 800万円 最大30日 対象
楽天銀行
最短即日 最短即日 対応 年4.9%~14.5% 500万円 なし 対象外
ベルーナノーティス
最短即日 最短即日 年8.0%~18.0% 100万円 14日間 対象
ノーローン
最短即日 最短即日 対応 年4.9%~18.0% 300万円 なんどでも
1週間
対象
住信SBIネット銀行
最短即日 最短即日 × 年1.99%~7.99%
[プレミアムコース]
年8.49%~14.79%
[スタンダードコース]
1000万円 なし 対象外

キャッシング審査の基準「与信スコアリングシステム」

キャッシング審査は年収以外にも重要な項目は多くあります。その項目ひとつひとつを数値化して点数をつけて、その合計点数によって審査の判断をしています。
このシステムが「与信スコアリングシステム」で、返済能力を判断する指標になっています。
審査項目には職業や年齢など「属性」と借入状況や返済実績などの「信用情報」があります。

属性スコアリング

職業 公務員 > 大手企業 > 中小企業 > 自営業 > アルバイト > 無職
年収よりも安定性が常用なので、大手企業よりも公務員のほうが有利です。
雇用形態 正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト
これは言うまでないことですが、正社員が有利です。安定した収入があればパート・アルバイトの方も申し込みできます。
年収 400万円以上 > 200万円~400万円未満 > 200万円未満
年収は限度額を決める属性として重要な項目ですが、200万円未満でも安定した収入があれば借りれることができます。
健康保険証 公務員の共済保険 > 大手企業の組合保険 > 中小企業の社会保険 > 国民健康保険
職業と同様にとても重要な属性です。
勤続年数 10年以上 > 5年~10年未満 > 1年~5年未満 > 6ヶ月~1年未満 > 6ヶ月未満
一般的に6ヶ月未満はかなり厳しいと言われています。
住居形態 本人名義の持ち家 > 家族名義の持ち家 > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公営住宅
経済状況と夜逃げの可能性の判断指標です。
居住年数 10年以上 > 5年~10年未満 > 3年~5年未満 > 3年~1年未満 > 1年未満
長ければ長いほど、夜逃げの可能性が低いと判断されます。
家族構成 独身・家族同居 > 既婚・家族同居・子なし > 既婚・家族同居・子あり > 既婚・同居なし > 独身・ひとり暮らし
借金でまわりの人に迷惑を掛けないように、しっかりと返済をする傾向があるため、家族と同居していると高評価になります。しかし、独身のひとり暮らしだからと言って審査通過しないということはまったくありません。

信用情報スコアリング

取引実績 4回以上 > 1~3回 > はじめて
意外と思う方もいるかもしれませんが、キャッシング経験がある方のほうが高評価になります。
取引期間 13ヶ月以上 > 7~12ヶ月 > 6ヶ月未満
以前キャッシングをしていた、現在している場合の項目ですが、どちらの場合でも長いほど有利になります。
借入残高 取引実績とは違い現在の借入額は低いほうが有利です。
総量規制対象では年収の3分の1近く、総量規制対象外では年収の50%近くまで借入れをしていると審査通過はかなり厳しいです。
借入件数 0~1件 > 2~4件 > 5件以上
他社での借入れは総額ではなくて件数が重要視されます。
例えば、100万の借入れをしようとした場合、信用力の高いと1社のみで100万円の借入れが出来ますが、信用力の低いと1社から20~30万円ずつしか借入れができないので3~4社からから借入れをしないと100万円の借入れが出来ません。
一般的に、他社で5件以上の借入がある場合は新規での借入れは難しいと言われています。

消費者金融の審査基準について

消費者金融の審査基準は、企業の規模により異なっています。一般的に、大企業の審査基準は中小企業のそれと比較して、厳格であると考えられています。審査基準に違いが生じる原因として、信用情報の存在が挙げられます。大企業が実施する審査では、信用情報機関にアクセスして、サービス申し込み者のそれまでの返済履歴を照会しています。

返済事故を起こした人間であれば、間違いなくその情報がそこに記されています。大企業はサービス申し込み者の情報をこの様に得ているのです。しかし中小企業の多くは違います。信用情報機関に保管されている情報を照会するためには、事前に賃金業協会に登録しておかなければなりません。そして協会への登録には料金が発生します。営業規模により異なる会費を納める必要がありまた、加入料金も必要なのです。

中小企業の多くは、かかる料金を考慮した上で登録を回避します。もちろん協会への登録は絶対ではありませんので、未登録であっても問題なく営業を続けられます。信用情報を照会できない消費者金融は、それぞれ個別の審査基準を設けています。その審査基準はどれも比較的緩いため、大企業の審査に比べて、通過の可能性が高いとされているのです。

消費者金融の仮審査のメリット

消費者金融に属する企業の中には、インターネット上で簡単な審査を実施するところが存在します。これは仮審査と呼ばれ、本審査とは性質が異なります。時間のかかる項目は後回しにして、かかる時間を短縮しているのが仮審査です。インターネットから企業に申し込めば、仮審査が実施されるのが一般的です。

しかし結局、後に本審査が実施されるため、仮審査の存在に疑問を感じられるかもしれません。借り入れ手続きの途中に、わざわざ仮審査を組み込み意味とは何でしょうか。早いところですと、仮審査では最短30分程度で結果が判明します。審査に時間がかからないため、すぐにご利用目安が立てられるはずです。借り入れ希望者の中には、実施までに時間が無い人もいらっしゃることでしょう。

その様な状況の中、本審査の結果を待っていたのでは、目的を遂げることが難しくなるかもしれません。審査に落選することがすぐに分かれば、他の企業のサービスに素早く移れることでしょう。企業が設ける仮審査にはこの様なメリットが存在します。ちなみに、消費者金融から借り入れる際は、身分証明書の提示が必須です。本審査時に身分証明書の確認が行われるため、その際はご持参を忘れない様注意してください。

消費者金融のサービスのメリット

消費者金融は、サラリーマン金融と呼ばれていた歴史を持つ金融機関で、無担保の少額融資であるキャッシングの提供を中心に行っています。手続きが簡単で短時間でお金を借りられるという事が、消費者金融のメリットです。20歳以上で安定した収入を得ている場合は、アルバイトや派遣社員でもキャッシングを利用する事が出来ます。

キャッシングは1万円という少額からの申し込みにも対応しており、飲食や旅行、買い物、生活費等の多様な目的での利用が認められています。しかも、審査は短時間で結果が判明する内容であり、即日融資を期待する事が出来ます。予定が急に入ってお金を今すぐ欲しいという場合でも、キャッシングは十分対応できる内容を備えています。

このように様々なメリットを持っているキャッシングですが、金利は通常の商品と比較すると高い数値が設定されています。このために、利息だけを返済するという利用方法を長期間続けた場合は、返済額は大きくなってしまいます。つまり、短期的な利用に向いているという事です。一部の商品で採用されている無利息期間は、短期利用による有効性を高める事が出来ます。期間内に利用した金額を返済してしまえば、利息は1円も発生しないからです。

消費者金融の金利比較について

消費者金融は最低利率で見ると各社バラツキがあります。ならば最低利率が低いところを選択するのがお得かと言うとなかなかそうは言い切れません。最低利率は各社の提示している最大限度額まで借りれるようになった大きな信用力がある人に限られて提供される場合がほとんどです。普通のサラリーマンがそこまで限度額を引き上げてもらえることはほとんどなく、そこにたどり着くためには大量の借り入れと返済を繰り返さねばならないのであまり現実的ではないのです。

では消費者金融の利率はどう比較すべきかというと最大利率で見るべきなのです。普通初回の借り入れをする際は最大金利で提示されることがほとんどです。そうでなくてもほぼ最大利率に近い数値で提示されるはずです。そのため、最大利率が低いところほど利用する上で得しやすいのです。

実は消費者金融の一般的な最大利率は各社間でほとんど違いはありません。若干低いところもありますが、そうしたところはやや審査が厳しかったり、審査にかかる時間が長かったりします。そうした事情を考慮した上で、何を一番自分にとっては優先すべきかという判断基準で選ぶことが消費者金融選びの秘訣と言えるのかもしれませんね。

管理人がおすすめする 即日審査が可能なカードローンランキング

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は銀行だから安心の金利年4.6%~年14.6%、最高500万円までご融資。
インターネットで24時間申込受付中!最短即日カード発行可能です。
※審査結果のご連絡は9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)申込受付時間、審査状況によって審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。

審査 最短30分
融資 最短即日
実質年率 年4.6%~14.6%
限度額 500万円
最低返済額 1,000円
無利息 なし
総量規制 対象外



最短1時間融資

即日でお金が必要になったときはプロミスがおすすめ!
平日でも土日でもいろんな場面でプロミスは使えます。平日14時までにWEB契約が完了すると即日で振り込みが可能で申込みを頂いてから最短で一時間での融資が可能なのは業界最高水準。
平日14時を過ぎていてもWEBで申込して審査完了後、最寄のプロミス自動契約機でキャッシングが可能!

審査 最短30分
融資 最短即日
実質年率 年4.5%~17.8%
限度額 500万円
最低返済額 2,000円
無利息 あり
総量規制 対象



SMBCカードローン

三井住友銀行カードローンが「即日審査可能」「最短30分で回答」のスピード性、金利が4.5%~14.5%で最大限度額が800万円お申込時には三井住友銀行口座が無くてもOK!
契約極度額が300万円以下なら収入証明書が不要で、原則本人確認書類のみで申込みができます。

審査 最短30分
融資 最短即日
実質年率 年4.5%~14.5%
限度額 800万円
最低返済額 10,000円
無利息 なし
総量規制 対象外